CRスーパー海物語IN沖縄攻略法2 − 大当たりするための基本

スポンサードリンク
大当たりするための基本。それは当たり前のことながら、デジタル画面を回すスタートチャッカーに球が入りやすい台選びをするということに他なりません。ところが、何を以って”球が入りやすい”と評価するのかとなると、意外に明確な基準を知らなかったりするものなんですね。

また知っていたとしても、実際に打つ際には感覚のみに頼ってしまう人が多く、それゆえに損をしている人が多いというのも事実のようです。その基準とは、「ボーダーライン」と呼ばれるもので、機種ごとの損益分岐点をデジタル画面の回転数で表したもの。

このボーダーラインは換金率ごとに出されているのが特徴で、CRスーパー海物語IN沖縄では以下のようになっています。ですからホールへ行ったら先ず、常にこの換金率ごとの基準値をクリアする台を選んで打つようにしてみてください。

MTA・SAD

換金率:2.5円 → 回転数:23回
換金率:3.0円 → 回転数:22回
換金率:3.5円 → 回転数:21回
換金率:4.0円 → 回転数:20回

MFB

換金率:2.5円 → 回転数:22回
換金率:3.0円 → 回転数:21回
換金率:3.5円 → 回転数:19回
換金率:4.0円 → 回転数:18回

また可能性として少し低くはなりますが、確実な勝ちに持っていくには、これらの回数+3〜+5となるような台を見つけることも大切なポイント。逆にボーダーを下回るような台しかないようなホールは、それこそ見切りをつけてしまうことも必要です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。